論文に対するデータ利用可能性ステートメントの記述

データ利用可能性ステートメントでは、論文で報告された結果を裏付けるデータにアクセスする方法が説明されている必要があります。データがリポジトリにある場合、可能であれば、データのハイパーリンクと永続的識別子を含めます。 研究参加者のプライバシー保護のためなど、データを公然と共有することができない場合は、データ利用可能性ステートメントでこれらが説明されている必要があります。 


データ利用可能性ステートメントの記述に関するさらなる詳細、およびデータに適用することができるテンプレートの例については、データ利用可能ステートメントリソースページをご参照ください。詳しくはお問い合わせください。 

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。